弊社代表のバーチャル美術館の活動が新聞掲載されました

 2021年の春頃からパラオ共和国と日本で活動する画家である植村友哉さんと弊社代表取締役の齊藤大将が手を組み、バーチャル上での美術展示と個展の開催を行ってきました。

 

 2021年8月には、VRChat上と大阪現地の両方でハイブリッドでの個展の開催を行いました。
 普段美術などに興味がない人でも、バーチャル美術館から美術や芸術、そしてアーティストに興味を持ち、実際に現地の個展にも足を運ぶという新しい価値の生み出せました。

 こちらの活動は、朝日新聞社様に取り上げていただき、より色々な方、特にアーティストにとって新しいブランディングの仕方を示せたのではないかと思います。

 ぜひバーチャル上で自分の作品を展示してみたい! という方は気軽にご連絡ください!